手法の見つけ方~テクニカル指標~ | FX超初心者.com

手法の見つけ方~テクニカル指標~

FXで勝とうとして
チャートの魔力にとりつかれる方が
後を絶ちません。

もちろんチャートは重要です。

でも問題は自分自身で
何度も何度も修正して完成した
手法をもっているかです。

そして最も気をつけて頂きたいのが
テクニカル指標をあれこれと探し続けてしまう。
と、いうことです。

勝利の聖杯がテクニカルに隠されていると
初心者の頃は考えてしまうんですね。

でも実際はそんなことはありません。

ぶっちゃけどれでもいいんです。

ただ、、一応手法の見つけ方という
シリーズということで書いていますのでなぜどれでもいいと
言っているのかその根拠を説明します。

まずはこちらを見て下さい。

001

みなさん大好きドル円の4時間足です。

黄色は21EMAです。
(パラメータは気にしないで下さい。)

赤ラインを抜けてきて
移動平均線も下を向いているので
なんとなく下がりそうだなーという場面でした。

次に30分足を見てみましょう。

002

下⇒上⇒下と動いてますね。
あとはどこで入るかの基準が必要。
そのためにテクニカルを足します。

以下、画像にて説明します。
下向きのマークがついているのが
エントリーできそうなところです。

13EMAと25EMAのクロス。

003

一目均衡表の雲下抜け後の転換線と基準線のクロス。

004

ラインブレイク。

005

以上3つ説明しましたが・・・

勘の良い方なら気付かれるはずです。

 

ほぼ全部同じとこで入っているじゃん!!

そうです。
これに気付く事が大事。

テクニカルなんてどれを使っても
トレンドフォローをするならほぼ同じポイントで
入る事になるんです。

だからテクニカルは自分の決めたもので
使いやすいものを選べばいいんです。

あとは自分にあったエントリー、利確ポイントを
日々修正していけば手法が完成します。

この修正についても今後話しますが
まずはテクニカルなんてどうでもいいと
いうことを理解して下さい。

それからがチャートを見るための
スタート地点にたったことになります。

私はこれに気付くまでに3年はかかりました・・・

テクニカルを毎日毎日変えては
これじゃないあれじゃないとやってましたね。

バカ丸出しでした。

だからこそこのブログを
読んでいるあなたはそういった事がないように
ご注意頂ければと思います。

あ、あと1つ。

この白ラインで区切った箇所は
21EMAが上を向いています。

 

006

もみ合ったりしていて
方向感があまりありません。

こういうところでは
トレードしづらいですよね。

短期的に入るか
様子見が正解です。

この辺りについても
少しづつ説明していきます。

まずはテクニカルは
どれでもエントリーするポイントは
似通ってくるという事を覚えておいて下さい。

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

【期間限定】以下のページで手法を公開中です。早めにご確認下さい


topnew

あるサイトを通して10万円以上のキャッシュバックを合法的に手にする方法

知的投資が必要なFXですがそもそも投資金+教材代などを捻出する事が
難しいという声を多数頂きましたので期間限定でレポートを公開しておきます。
この方法なら少なくとも2~3万円は手にできるはずです。

⇒FX業者から最大限キャッシュバックを得る方法を読む

ブログランキング参加中です。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX超初心者.com

この記事へのコメント

FX超初心者.com TOP » FXにおける手法の見つけ方 » 手法の見つけ方~テクニカル指標~