2017年9月 のアーカイブ | FX超初心者.com

スパルタFX検証講座「(6日目)究極のトレーダーを紹介します」

前回の記事では、破産確率について
徹底的に解説しました。

今回は、私が今までの日本のFXブログ史上、
最もすごいと思ったトレーダーを紹介します。

ここまでトレードを極めるのはすごい・・・

と思わず唸ってしまったブログでした。

残念ながら現在は閉鎖されてしまっているのですが、
私は彼の言葉や考え方はほぼ記憶していますので
この記事で共有しておきたいと思います。

彼のことを知っておけば、
あなたの日々の検証にも直接関連しますし、
1ヶ月100万円、200万円生み出すような手法を
確立することだって十分可能になります。

勝率10%で勝ち続けるトレーダー

現在は、削除されていますが、
ネット上では魚拓なるもので
トップページだけはブログが見れるようです。

削除したブログのURLを紹介することは
失礼にあたるかもしれないので、
ブログの名前だけをこちらにて紹介したいと思います。

ブログ名
「俺の人生カエラに預けた~元専業FXブログ~」

彼の手法はいたって地味で、
いい意味で適当でした。

いつもブログにはこんな感じのチャート画像が
上がっていたのを強く覚えています。

手書きで、
適当といえば適当に書いたような
チャート画像がたまにアップされていました。

私が、「すごいなこの人。」と思ったポイントは2つ。

  • 大局を見てかなり大雑把にトレンドトレード
  • とことん損小利大(勝率10%損益比率1:10以上)

という感じでした。

上記のチャート画像を見ても分かる通り、
本当に大雑把にトレンドを見て、
そっちの方向に乗ったらあとは利益を伸ばす。

たったそれだけでした。

勝率は当然よくありませんでしたが
1ヶ月のうち1、2回はホームラン級に利益が伸びるので
そのトレードで月利のほとんどを生み出してるような手法。

兼業トレーダーでありながら、
月収は80〜100万円くらいはあったと思われます。

はっきり言って、
全ての兼業トレーダーが学ぶべきトレードスタイルでした。

私も当ブログでも何度も言っているように、
所詮トレードなんてコイン投げなんです。

トレンドの方に乗っかって、
あとは損小利大にすれば、
大負けはしないはずなんです。

チャートを見て優位性があるポイントを1つでも
見極められる力がつけばその手法だけで一生食べていけます。
それがトレードというのものです。

前述したようにチャート画像は大雑把ではありましたが、
彼も、何かしらのルールのもと、
トレンドを判断して乗っかっていたのでしょう。

そして、彼の最もすごいポイントは次に述べる、
驚異のトレードスタイルでした。

※重要 わざと負けることを選ぶ唯一のトレーダー

彼はとことん損小利大のスタイルだったので、
せっかく利益が50万、100万と伸びたトレードが
利益0になってしまうことも多々ありました。

そういった場合、
多くのトレーダーは同値撤退や微益撤退しようとするのですが、
驚くべきことに彼は全く逆の道を選んでいました。

莫大な利益が出たトレードを
わざと損失に変えていたんです。

私の記憶では確かマイナス5pipsくらいの損失のところで
決済をしていました。

利益が出たポイントから戻ってくるまでに
距離と時間があるのですから、
十分に同値撤退ができるポイントなんです。

にも関わらず、
彼はわざと負けを選んでいました。
手法の優位性から彼はわざと負けいたのではありません。

彼曰く、

「わざと負けることによって普段から負け慣れておく。
メンタルが安定して楽にトレードできるようにー5pips負けで
負けへの抵抗を普段からなくすようにしている。」

ということでした。

なんとも素晴らしい・・・

手法を確立する際は勝率や損益比率ばかりを見てしまいがちですが、
実はそれだけではいけません。

自分の感情をコントロールするためのルールを
前もって作っておくことも重要なんです。

これから、10年、20年とあなたが相場でやっていく気概があるのであれば、
必ずメンタルをコントロールするようなルールを組み込むべきです。

彼のように。

例えば・・・

フォレックステスターでテスト中に感情が高ぶったらメモを取る

FXで勝ち組トレーダーになるための唯一の道は、
フォレックステスターで検証することだけだ、
ということは4日目の講座でお伝えしました。

※もし、あなたがまだ読んでいなかったり、
内容を忘れてしまっている場合は以下の2記事は必ず読んでおいて下さい。

【特典あり】フォレックステスター3購入は待て!設定・使い方まとめ

スパルタFX検証講座「(4日目)勝率8割600pips獲得の手法を公開します」

フォレックステスターでは、
リアルタイムトレードではないので、
あなたの資金が減ることは当然ありません。

しかし・・・

必ず、あなたはイライラします。
感情をぶつけたくなる時がきます。

「なんで勝てないんだ!」
「連敗しすぎだろ!」
「利益が出たのに損きりポイントまで戻ってきた!」

などなど。

人により感情が爆発するポイントは様々だと思いますが、
そのポイントこそがあなたが記憶しておくべき重要なポイントです。

絶対にどのような状況で
あなたのメンタルがぶれたか書き残しておいて下さい。

そして、同じような状況で何度も何度も
感情がぶれるのであればあなたのその感情を和らげるための
ルールを1つ足すようにしましょう。

例えば、先ほど紹介した彼のように、
わざと損失にする癖をつけて
普段から損失に対する抵抗を少なくするようにしても良いです。

もしくは、オーバートレードが原因で、
何度も何度も負けてしまうようであれば、
15分足を使うのをやめて1時間足にするとか。

連勝した後に2連敗しただけで
感情が高ぶるなら、
勝率が下がってもいいから損益比率を上げて、
連敗するのは当たり前の状態に持っていくとか。

やりようはいくらでもあります。
これから長い長いトレーダー人生を歩むのであれば
あなたの感情に沿ったトレードルールというのは必ず必要です。

100億稼いでも破産すれば終わり、
ということを覚えておいて下さい。

検証の際は、必ずメンタルをコントロールする
ルール作りをするように徹底しましょう。

あなたはこうなる必要があります

フォレックステスターですらイライラするんです。

リアルタイムトレードならなおさらです。
実際のお金が減っていくのですから
イライラしないほうがおかしいというものです。

人間は間違いを認めたくない動物なので、
それは当然のことなんです。
しかし、トレードに負けはつきもの。

そのイライラに対する耐性をつけることも
フォレックステスターを使うべき理由なんです。

ここまで、書けばあなたならもう気づいているはずです。
そう。

検証をすることにより手法が確立できるのは当然ですが、
あなたのメンタルが相場へと適合していくんです。

負けへの抵抗が減り、
さらには勝った時でさえ何も感じなくなっていきます。

究極的には
1ヶ月100pipsトレード回数は5回、
というトレード手法が確立できれば、

全てのトレードで20pipsが獲得できる、
全勝している、と確信している感覚に陥ります。

ここまでの状態に
フォレックステスターを使いながら
自分自身を持っていく必要があるということです。

逆に言えば、
そこまでの状態になっていないにも関わらず
リアルタイムトレードへ移行するなんて、
何も知らない幼児が適当にマウスをクリックするのとほぼ同義です。

いえ、それよりも負けるでしょう。
あなたの感情が邪魔してしまうからです。

いいですね?

今回、お伝えした彼のようにトレードは大雑把でもいいので
トレンド方向についていくことをまずは身につけて下さい。

そして、普段から自分の感情に注目して、
メンタル負荷を軽減するルールを作り、
長く利殖を続けられるトレーダーを目指しましょう。

勝率を上げることが目的ではなく、
利益を上げることが目的だ、
ということをどうか忘れないように・・・

次回、スパルタFX検証講座の最終回となります。

かなりの長文で、
あなたが勝ち組トレーダーになるために
必ずぶつかるであろう壁についてお伝えしますのでご期待下さい。

今日の宿題

一度、トレンド方向に乗っかった後に
損益比率1:10でトレードすることを検証してみて下さい。
(エントリーは割と適当でいいです)

15分足で見て、
損失20pips、利益200pipsでやってみて下さい。

面白いことが起こるはずです。

ね、トレードって不思議でしょ?

※しつこいようですが、
フォレックステスター3は必ず手に入れておいて下さいね。
→【特典あり】フォレックステスター3購入は待て!設定・使い方まとめ

スパルタFX検証講座「(5日目)破産確率0%の資金管理を目指せ」

前回の記事では、勝率8割600pips獲得の手法を公開しました。

反響あるだろうな・・・

と思っていたのですが、
ちょっとありえないくらいメールが届くようになって
パンク気味になっていました。

全てのメールへの返信はお約束できないのですが、
嬉しいお声が多いので、
私も久々にブログ更新頑張ってよかったなぁ、と思います。

というわけで今日も気合いを入れて更新していきますよ!!

今回お伝えするのは、
FXで10年、20年収益を生み出し続けるために
必ず必要な「資金管理」についてです。

「検証と関係あるの?」

と、思われるかもしれませんが大ありです。
具体的な数値も用いてお話ししていきますね。

では、早速。

海外投資家の間ではまず初めに語られますよ?

私は、投資本オタクなので海外の投資本をひたすら
読み漁る日々がずっと続いているのですが、
日本の投資本と明らかに違う点が1つあります。

それは、

資金管理の重要性を繰り返し繰り返し説いているか?

という事です。

私は基本的には投資本を読むときは、
目次をバーっと見て著者が何を言いたいのか?
手法やメンタル、資金管理のどこに重きを置いているのか?

それらを把握するのですが、
海外投資家は圧倒的に資金管理について多くを述べます。

日本ではあまり取り入れられていませんが、
資金管理をまず学ばないと資産は増えないんです。

資金を守るというイメージが強い資金管理ですが、
実は、資金を増やすために存在する、とう側面もあります。

その理由は主に2つに分類されます。

理由1、破産確率を0にする=勝ち組トレーダー

私がオススメしている書籍の1つでもある、
「システムトレード基本と原則」という本には
破産しない方法さえ確立すれば勝ち組になれるんだよ?
ということがしつこいくらい何度も何度も書かれています。

その中でも分かりやすい例があったので紹介しましょう。


ここに3人のトレーダーがいる。
彼らは、同じ手法を使っている。

  • 勝率56%
  • 損益比率1:1
  • 資金100万円スタート

ただし、彼らには1つ違いがある。
それは1トレードあたりの損失額である。

  • トム(熟練トレーダー) 5万円
  • サリー(庶民派トレーダー) 10万円
  • ボブ(攻撃的なトレーダー) 20万円

その結果、彼らの破産確率はこうなります。


システムトレード基本と原則より引用

お分かりでしょうか?
ボブはもちろんですが、サリーも破産する確率がかなり高いです。

100万円の資金からトレードするなら、
1トレードにつき10万円以上の損失をしてはいけない、
というのが分かると思います。

さらに、この手法をブラッシュアップして、
無駄なトレードを省いた結果、
勝率が7%向上して勝率63%になったとすると・・・


システムトレード基本と原則より引用

たった7%上がるだけで、
これだけ破産確率は激減します。

数学的には破産確率は0%にはなりませんが、
この場合トムの破産確率は0.0001などの
限りなく低い数値となります。

これが、私が検証をしろ、
としつこく言っている理由の1つでもあります。

たった7%の勝率向上で
破産確率がこれほど変わるのだから、
あなたも必ず自分の勝率などを把握しておいた方が良いでしょう。

検証してデータを取っていなければ
勝率の向上による破産確率すら把握できないわけです。

今後、相場からお金を稼ぎ続けるという目的があるにも関わらず
自分の手法のデータも把握していない上に、
破産確率も把握していないなんて、無謀すぎるにも程があります。

巷には、
10万円を1億にしたというような
シンデレラストーリーが溢れかえっていますが、
はっきり言ってたまたまラッキーで勝てただけです。

破産リスクを高めまくって
ラッキーが続ければ、
そりゃ何人かは1億作れる人が出てくるでしょう。
だからこそ毎年のように
そういったトレーダーがぽっと出のように出てくるわけです。

でも、自分の資産が全て吹き飛ぶリスクを負ってまで、
トレードしてはいけません。
トレードはゲームではないんです。

トレードでは一度資産を吹き飛ばせば、
二度とその資産は戻ってきません。

しっかり破産確率の重要性を意識しておきましょう。

※ちなみに破産確率について各手法についての計算結果を見たいなら
バルサラの破産確率とググればたくさん情報が出てきます。

こちらのサイトであなたの手法に対する破産確率を計算できます。
かなり便利なのでオススメ。

理由2、メンタルのブレが少なくなる

資金管理をすることによる、
メリットはあなたのメンタルにも影響します。

損切りが辛かったり、
連敗してメンタルが崩壊したりしてしまうのは
口座に入っている資金と損失額の比率に大きく左右されます。

例えば、

パターンA
口座資金100万円
1回のトレードの最大損失額1万円
5連敗後→資金5%減

パターンB
口座資金10万円
1回のトレードの最大損失額1万円
5連敗後→資金50%減

と、いう単純な算数の計算になりますし、
言われてみれば当たり前のことではありますが、
重要なことなのでしっかり抑えておきましょう。

簡単に言うと、
あなたの財布に1万円入っている状態で
1円落としてもそんなに痛手ではないですよね?

そういう感覚でトレードする必要があるという事です。

私も経験があるから分かるのですが
10万円あった口座が5万円になると
もうパニックですよね。

これ以上資金を減らしたくない思いから
逆指値を消してしまったりして、
結局どんどん逆行して資金を全て吹き飛ばしてしまう。

というパターンを繰り返してしまうわけです。

資金が100万円くらいあれば、
2、3万円失っても焦る人は少ないでしょう。

5万円が大金だと感じる場合は
100万円ではなく10万円で初めて
1回のトレード最大損失額は1000円するとか、
とりあえずメンタル不可を少ない資金管理を意識しましょう。

最大損失額の目安とは?

私は、いろんなトレーダーを見てきましたが、
1回のトレードの最大損失額は口座資金の3%以内に
抑えた方が良いと思っています。

というか確信しています。

上手なトレーダーはそれ以上のリスクは取りません。

口座資金を10万円から始めるなら
1回の損きりで失ってもいいのは3,000円までです。
1枚でトレードしているなら、
逆指値はマイナス30pipsまで、という事になります。

まずは、これを徹底してください。
できないなら、あなたは将来間違いなく資産を吹き飛ばします。

そう断言できるほどに、
私はハイリスクでトレードしている人で
勝ち続けている人を知りません。

分かりやすい目安としては、
私は10万円の資金につき1万通貨でトレードすれば、
とりあえず資金を守りながら資産を増やすことができると思います。

100万円くらいスタートするのがオススメ

ただし、最初の資金が少ないとどうしても資金が増えるのは遅くなります。

資金が少ないゆえに、
増えるスピードが遅く感じてしまい、
焦りを感じて結局無茶なトレードをしてしまう人を
私は多く見てきました。

どうにか、資金を守りながらトレードすることを強制させる方法はないかなぁ
と思っていたのですが、
とりあえず資金は100万円くらいか始めるのが良さそうです。

50万円でもギリギリOKです。

その後、トレードはまず1万通貨から始めましょう。
おそらく順調に損切りできるはずです。
口座資金に対して損切り額が低いからです。

それで、1ヶ月にもし100pips取れたら、
次月は2枚にしてもしまた安定して100pips取れたら
5枚にして、と徐々に枚数を上げていきましょう。

※ただし、超初心者さんが100万円も入金するのは怖いので、
10万円とかからスタートする事を推奨します。
あくまでも手法を確立できた場合に限り、
資産を増やすために100万円ほど入金しましょう。

まとめ

FXスパルタ検証講座、
という連載にも関わらず
「資金管理について書くのはちょっと違うかなぁ。」
と個人的には思ったのですが、、

資金管理、そして破産確率を考慮した上で、
手法を確立することは絶対に必要なことなので記事にしました。

どれだけ勝てると思えるような手法でも、
計算してみると破産確率が5%とかあったりしますからね。

破産確率は必ず0%を目指しましょう。
100億稼いでも破産すれば全てパァです。

さぁ!!!

次回はとある、
究極のトレーダーを紹介したいと思います。

私がずっと紹介したかったプロトレーダーです。
おそらく日本のブログ史上、最高峰のトレーダーでしょう。

検証するなら彼のことは必ず知っておかなければなりません。

お楽しみに。

今日の宿題

フォレックステスター3をまだ購入していないなら
絶対に購入してください。

別に私から購入しなくても良いです。
フォレックステスター3で勝てないのに、
リアルトレードで勝てるなんてことは100%あり得ません。

練習して練習して練習して
やっとトレーダーという職に就くことができるんです。

一回もバットを振らずに
プロ野球選手になるなんて無謀なことはしないで下さいね。

フォレックステスター3については以下の記事をご参考頂ければ幸いです。

【特典あり】フォレックステスター3購入は待て!設定・使い方まとめ

続きの記事はこちら
→スパルタFX検証講座「(6日目)究極のトレーダーを紹介します」

FX超初心者.com TOP » 2017年9月 のアーカイブ