検証を極める~利確幅は永遠の悩み2~ | FX超初心者.com

検証を極める~利確幅は永遠の悩み2~

利確は永遠の悩み。
利確に100点はない。

具体的な方法が
2つあるというところまで
お話させて頂きました。

2つの方法とは

1.利確幅を固定する
2.利確ポイントを徐々に上げる

というものでしたね。

今回は検証するにおいて
この2つの方法をどのように利用して
どのように手法に落とし込んでいくかを説明します。

 

1.利確幅を固定する方法

これはメンタル的に
かなり安定するのでオススメです。

一日単位であればおおよそではありますが
10〜50は上下どちらかに動くのでだいたいその間で
狙いにいくのがオススメですね。

もちろんスキャルピングではなく
デイトレに限定してですが。

この方法のいいところは利確幅を固定するので
損切りをその幅より狭くすれば間違いなく損少利大になることです。

勝率が悪すぎない限りは勝てます。
検証した際にデータとして数値を出しやすい
という大きなメリットもある方法です。

2.利確ポイントを徐々に上げる

次に徐々に利確幅を固定する場合ですが
こちらは少し難易度が上がります。

徐々にあげるということは
何かしらの基準を設ける必要があるからです。

その基準が移動平均線だったり
ストキャスティクスだったりするわけですが
基準を誤るとせっかくプラス50までいったのにプラマイ0になった。

と、いうことにもなりかねません。

だから伸ばせる場面かどうか
見極める力が必要です。

同じトレンドフォローでも
大きく伸ばせる場面と小さな値幅で
利確すべきポイントがあります。

具体的にいえば私の場合は
4時間足と1時間足が逆向きの時は
いったん利確することが多いですね。

同じ方向の時は一気に伸びることがかなり多いです。

そういった時に利確幅を
固定するのはもったいないですからね。

この辺りは相場観が必要になるので
徐々に慣れていくべきなんですが

利確幅を固定する場合も
徐々に切り上げる場合も

初期の段階ではある程度固定すべきです。

固定する意味。
それは今までも口を酸っぱくして
言い続けているデータを取る事です。

固定して利確し続ければ
必ずデータが取れます。

そしたら自分が利確したあとに
伸びて行った時のチャートがどんな形だったか
検証すればいいんです。

すると相場に合わせて
上手く利確できるようになります。

例えば日足が同じ方向に向いている
条件が重なった場合は一旦戻ってきても
再度高値安値を更新する場合が多いので
利確は少し待ったほうがいい。

などなど。

と、利確が下手な私が言ってみました。笑

あとは必ず損小利大になるようにすること。
利確幅を損切り幅より小さくすると当然
勝率が高くないと負けます。

初めのうちから高勝率を保つのは
厳しいと思いますので損小利大は強く
意識することにしましょう。

ここまで色々利確について
書いてきましたが・・・

悩むとは思います。
でもそれは当然なんです。
利確に100点、即ち答えはありません。

答えのないものに答えを求めれば
一生迷い続けることになります。

敢えてあげるとすれば
答えは適当さですね。

あー、
俺が利確したらその後に伸びるよー
はははー。と、言えるようになったら上出来。

私はそう思ってます。
と、いうかいつも思ってます。笑

利確に100点はないのですから。
全く悔しい気持ちはありません。

それに以前もお話したとおり
1日10pipsで億万長者になれるんです。

利確も欲張りすぎずに
取れるところで取ればそれでいいと思います。

検証の際はぜひとも
利確に悩まされすぎないで下さいね。

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

【期間限定】以下のページで手法を公開中です。早めにご確認下さい


topnew

あるサイトを通して10万円以上のキャッシュバックを合法的に手にする方法

知的投資が必要なFXですがそもそも投資金+教材代などを捻出する事が
難しいという声を多数頂きましたので期間限定でレポートを公開しておきます。
この方法なら少なくとも2~3万円は手にできるはずです。

⇒FX業者から最大限キャッシュバックを得る方法を読む

ブログランキング参加中です。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX超初心者.com

この記事へのコメント

FX超初心者.com TOP » 検証を極める » 検証を極める~利確幅は永遠の悩み2~