ゾーンの境地へ~バケツ理論~ | FX超初心者.com

ゾーンの境地へ~バケツ理論~

トレードにミスはつきものです。

損切りできない事などは
最たるミスの例ですね。

ただ、その際に
絶対に自分を責めては
いけません。

その理由について
『ゾーン』の中でマーク・ダグラス氏は
以下のように述べています。

「ミスを犯してもいかなる自己卑下をしてはならない。
自己卑下をしてしまうと自分はダメなやつだという
信念を習得してしまいその信念を増幅してしまう。」

ちょっと説明が
回りくどいので
簡単に説明します。

ミスを犯して自己卑下をすると
潜在意識に自分はダメなヤツだと
いう事をすりこむことに繋がる。

というのがおおよその理解になります。

ここからは私の解釈になりますが。。

2つのバケツをイメージすると
凄くわかりやすいと思います。

Aのバケツには自分の理想の
トレードができた時に水を注ぎます。

Bのバケツには損切りができなかった時に
水を注ぐ事にします。

今の段階では
両方にちょうど半分ずつ
水が入っていると仮定します。

水の量が多ければ多いほど
あなたの行動に影響を及ぼします。

損切りができずに
自分を責めた場合には
AからBへ水を少し移します。

逆にルール通りできた場合は
BからAへ水を移します。

この動きを
『ゾーン』ではエネルギー転換
呼んでいます。

エネルギーは転換するのみで
完全に消滅はできない。

ただし、エネルギーがない信念は行動に影響を及ぼす事はない。

つまり、一度作り上げられた
潜在意識(バケツ)は完全に消去はできない。

エネルギー(水)を抜き取る事が重要だ
ということです。

だからこそ自分の中で
バケツの水をBからAへ
注ぎ続ける事が重要になります。

Aのバケツが満タンになった時、
あなたはゾーンの境地へ達している事になります。

Bが満タンになった時、
あなたは典型的な負け組みトレーダーなっている事になります。

もちろん一方的に
Aに水を移し続けるのは難しいでしょう。

AとBを水がいったりきたりすることも
あると思います。

それでもいいんです。

最終的にAのバケツが満タンになれば。

そうすれば理想のトレーダーになれます。

もしあなたが損切りできなくても
自分を責めてはいけません。

自分を責めなければ
バケツの水は移動しません。

移動した時にBのエネルギーが
より強力になるのです。

そうなってしまうと
損切りがまうますできなくなります。

逆にAに水を注ぎ続ければ
損切りできるのは当たり前。

あとは理想のトレーダーになるだけです。

かなり回りくどい説明には
なっていると思いますが。。

お伝えしたいのは1点。

少しづつ心を修正していけばいい。

と、いうことです。

いきなりバケツの水を
一方へ移す事はできません。

少しづつ少しづつ移動すればいいんです。

そしてどうか損切りできなくても自分を責めないで下さい。

Bのバケツがいっぱいになるのを
早めてしまうだけなのですから・・・

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

【期間限定】以下のページで手法を公開中です。早めにご確認下さい


topnew

あるサイトを通して10万円以上のキャッシュバックを合法的に手にする方法

知的投資が必要なFXですがそもそも投資金+教材代などを捻出する事が
難しいという声を多数頂きましたので期間限定でレポートを公開しておきます。
この方法なら少なくとも2~3万円は手にできるはずです。

⇒FX業者から最大限キャッシュバックを得る方法を読む

ブログランキング参加中です。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX超初心者.com

この記事へのコメント

FX超初心者.com TOP » ゾーンの境地へ » ゾーンの境地へ~バケツ理論~